• クリニック紹介
  • アクセス
  • 診療の流れ
  • お知らせ
ホーム > なぜウルセラなのか
なぜウルセラなのか 今までにない効果のあるウルセラ。切らない安全性、半年~1年の長期の持続性があり、多くの方にご納得していただける美容医療です。

お顔は隠せません。だからこそ安全性を重視

化粧品やエステサロンで受けた、お肌のトラブルは、毎日のように報道されています。
きれいになりたい、今の状態を長く保ちたい、そういった気持ちからスタートする「肌へいたわり」が、全く反対の結果を生む原因になることは、医師として女性として決して許すことができません。

超音波の安全性
超音波の安全性

新しいリフトアップの治療『ウルセラリフト法』は、HIFE(ハイフ)と呼ばれる超音波による治療法です。

この治療手法は、悪性の腫瘍の治療などにも使われています。審査の厳しい医療への使用が認められたHIFE(ハイフ)。これを応用したものがウルセラリフト法です。安全性がとても高いことは、もうお気づきですね。

このHIFEは、超音波を集中させ、焦点を結ぶ部分だけが高温になる効果を利用したものです。腫瘍などの人体に悪い影響がある組織を破壊しますが、他の組織に与えるダメージはほとんどないという特徴があります。
FDA(日本の厚生労働省にあたるアメリカの機関)の認可治療器であることも安全性が高い証明になっています。

医療の世界で認められた技術だからこそ

医療の世界で認められた技術だからこそ

同じ超音波を使ったものには、産婦人科で使われる『お腹の中の赤ちゃんを検診する』機器があることを、ご存知ですか?
これは超音波を集中させず、体の深いところまで通して、その反射で体内を検査するものです。腎臓検査などでも見られますね。この、超音波の力を利用したウルセラと、ウルセラリフト治療法の安全性はご納得を頂けると感じています。

超音波の効果と持続性
超音波の効果と持続性

超音波エネルギーは、皮膚表面をヤケドさせることはありません。一瞬、温かなで何か細い丸い先端が当たるような感触があります。
その一瞬をご希望の部分に当てることで、深い層(3.0mm)まで届きます。
この深い層、実は従来のリフトアップ手術では切開する目安になっている部分でもあります。今まで切らなくては届かなかった部分にまで、超音波は届くのです。

そして、超音波エネルギーが照射された部分は、筋肉の層がギュッと収縮して、傷やかさぶたを残さず即時的なリフトアップ効果を表します。ご自身で実際に体感されることで、より効果をわかっていただけます。
そして、この筋肉への刺激は自己治癒力を刺激します。筋層だけでなく真皮層などでもコラーゲンの増加を促進させるのです。効果は直後から徐々に始まり、2~3か月かけて実感できます。この効果は治療後6カ月~1年続くことで、リフトアップ効果が長く持続されるのです。
(効果のあらわれ方には個人差があります)

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
facebook